オシロイバナ

7月〜9月の夕暮れに咲き、別名 夕化粧 とも言われます。

原産は、熱帯アメリカ。

16時ごろから咲くことから、英名では、four o'clockと呼ばれます。

 

オシロイバナ

 

江戸時代に、観賞用の園芸植物として持ち込まれました。

現在、帰化植物として、日本全国に自生しています。

 

帰化植物とは、意図的か否かに関わらず人間によって外国から持ち込まれ、日本で野生化した植物のことです。その数は1000種を優に超え、現在も増え続けています。

 

オシロイバナは、野生化はしているもののそれほど強い繁殖力はなく、今すぐ脅威となるものではありません。

 

オシロイバナ

 

しかし、外来植物の中には、繁殖力が強くあっという間に増えて手に負えなくなったり、在来種と置き換わるまたは交雑するなど、生態系に大きな影響を与えたりするものがあります。

このような種については駆除等をしなくてはなりませんが、いったん拡がってしまうと多くの労力と時間、お金を必要とし、簡単ではありません。

 

地植えにした植物は、生きやすい場所をもとめて活動の場を広げていくため、数年後、植えた場所とは違う場所で繁殖していることがよくあります。ある程度広がってしまった後で悪影響に気づき、手が付けられなくなるのが怖いところです。

 

交配しやすい外来種は、管理外の場所に拡げないよう"庭に植えずに鉢植えで楽しむ"など、日本にもともと自生する植物を守るという一人一人の心掛けが、今とても大切になってきています。

 

 

 

 

 

オシロイバナ 花言葉:臆病

 

 

コメント